CONTENTS
ここが大切!保険を理解するための知識

保険の支払額に思うこと

保険の支払額について、考えることがあります。医療保険もその内容や目的によっていろいろな種類のものがあります。本来、公的な医療保険で自己負担がなければいいのですが、そのようにはなりません。医療保険には、広く病気やけがを対象としたものと、がんなどの病気に特化したものがあります。民間医療保険は、特約も様々ですから自分だけの保険を設計できるのです。心配だからといって、あれこれ保険契約を結ぶのも考えものです。結局、支払額だけがかさむ結果にもなりかねません。保険に入る理由を考えなければ、本来の保険のメリットを享受できないのです。バランスの良い保障を考えなくては、支払額は大きくなる一方です。一度、加入している医療保険の種類や内容を並べて、真に必要か検討すべきだと思います。

医療保険の選び方にはコツがあります。一般的には、入院や手術に備えることと、がんや三大疾病に備えることが必要です。保険の内容や特約など、医療保険を設計するのは難しい部分があります。最近では医療保険の比較サイトもありますので、参考にするとよいと思います。まずは、自分である程度内容を把握しておけば、保険会社の話も聞きやすくなります。予備知識を備えたうえで、保険アドバイザーに相談するのも賢い選び方です。忘れてはならないのが、自分の保険は自分で決めるということです。医療保険を選ぶことは、人生設計に大きな影響を与えるものです。しっかり自分で選びましょう。

関連記事・情報