CONTENTS
ここが大切!保険を理解するための知識

保険の支払額はいろいろ考えなければ

保険は人生で一番目か二番目に大きな買い物と良く言われる。保険もいろいろな種類があるし、大きな買い物と言われるだけあって、適当に加入して払い続けているとトータルの支払額がとんでもなく大きくなり家計を圧迫するということは良くある。また、逆に、保険を見直したために月々や年での支払額が半分以下でも同じような内容の保障を受けることができるようになったという話も聞いたことがある。

我が家は保険は全く分からなかったし、パンフレットを山のようにもらっても何がどのように必要なのか良くわからないので、しばらくは貯蓄を重視して保険には入っていなかった。あるとき無料で相談出来て、押し売りはしないという会社の広告を見たので申し込んでみた。当時我が家には小さな子どももいたので、保険の会社の窓口で相談する時間がないというのも保険に加入しない理由の一つだったので、家に面談に来てくれるというのも非常にありがたいことだった。そこに来たお姉さんは大きなスーツケースを持って、道に迷いながら一生懸命来てくれて、広告の通り押し売りもせず、いろんなプランの紹介をしてくれた。さすが保険の紹介の会社、電卓を器用に使いこなして各社のいろんなプランのトータルの支払額などもすぐに出してくれて非常に助かった。結局そのお姉さんの勧めるプランに入った。ただ、いくら押し売りをされなくても、良くはわからないけどそういう会社だからノルマはあるはず、勧めてくる保険会社もある程度は傾向があるのではないかとも思う。話だけ聞いて、家でじっくり考えるというのも十分ありな方法だと思う。